Q&A

mcframe GAはどのような業務管理まで一元的に管理可能ですか? 
mcframe GAにはERP版と会計版があり、会計版では会計管理と債権債務管理、ERP版では会計版機能に加えて販売管理、購買管理、在庫管理機能がございます。
生産管理機能につては、mcframe GA連携パッケージある当社自社開発の「MCFrame(エムシーフレーム)」を組み合わせてご提案いたします。

日本での詳細検討や導入でき、かつ海外の各種ルールなどに対応した実績のある販売管理パッケージを探しています。mcframe GAはそのような実績がありますか?
はい。mcframe GAはアジアを中心に欧米含む22の国と地域で導入実績がございます。日本本社にてグローバル要件を確定し、海外に横展開する方法等、様々な導入形式に対応可能です。

mcframe GAの特徴や他のERPパッケージとの違いを教えて下さい。
mcframe GAはグローバルに展開する日系企業の海外拠点向け専用に開発された会計パッケージで、導入した会社の約8割が海外で利用しております。
多言語、多通貨、多基準に対応しており、海外利用に想定される機能をコンパクトに提供することで、海外拠点で短期導入、早期定着を実現しております。

mcframe GAを導入するにはどれくらいの期間と、作業が必要ですか?
標準的な導入の場合、会計版で2~3ヶ月間、ERP版で4~6か月での導入が可能です。お客様には新業務フローの策定、システムのマスター設定、残高設定、必要なレポートの調査、トレーニングの受講等を実施頂き、当社がその作業をご支援いたします。各種標準的なドキュメントを用意しておりますのでスムースな導入が可能です。

海外に独資工場があり、経理業務同士の連携がおこなえていません。
解決する為にmcframe GAは有効ですか?
はい。mcframe GAは多言語、多通貨、多基準対応をしており、同じシステムを言語を切り替えて利用ることが可能です。またWEB上でシステムを共有できるので現地担当者と本社担当者のコミュニケーションツールとしてやご利用いただけます。

中国に複数拠点展開をしているが、分公司管理は可能でしょうか?
対応可能です。
部門マスタを使用することで、分公司毎の財務データ管理/中国拠点全体の財務データ管理を実施できます。

パンフレットや資料が欲しいです。どうすればいいですか?
WEBサイトから資料請求フォームにてご連絡くださいませ。カタログを発送させて頂きます。またはお電話におきましてもご連絡いただけれは直ぐに発送させて頂きます。

製品サポート体制について教えて下さい。
東洋ビジネスエンジニアリングが展開しているアジアの4つの現地法人(上海・タイ・シンガポール・インドネシア)をはじめ、世界各地にmcframe GAパートナーによるグローバルサポート網を構築しており、各地から一次受け等のサポートを提供可能です。
世界各地の現地mcframe GAパートナーにおきましては、各国言語での対応が可能です。

海外での製品紹介、システムデモンストレーションの対応は可能ですか?
東洋ビジネスエンジニアリングが展開しているアジアの4つの自社拠点(上海、タイ、シンガポール、インドネシア)がございますので可能となります。
また海外に展開している東洋ビジネスエンジニアリングのビジネスパートナーがおりますため海外での製品デモンストレーションは可能となります。

各海外拠点の会計システムが現地パッケージなので月次決算資料作成の際に、多大な時間が発生しています。mcframe GAを導入すると解決できますか?
各海外現地法人のシステムを一元化し、統一の様式で収集を行うことで簡単に単純合算が可能です。
mcframe GAは多基準に対応しており、現地基準、本社基準、IFRS等目的別にレポートを出し分けることができます。現地レポートを本社レポートに作りかえる作業の効率化が可能です。
制度連結については、連結PKG等の紹介をさせて頂きます。

mcframe GAに管理会計機能はありますか?
多彩な分析軸での管理会計用の財務諸表を作成できます。
部門別、アイテム別、予実対比、増減率、達成率、自社独自の分析コード等、柔軟に設定可能です。

mcframe GA とGLASIAOUSのサービスの違いを教えて下さい。
GLASIAOUSはmcframe GAを活用したアウトソーシングサービスです。
販売拠点や進出したばかりの企業等、経理リソースの調達が困難な海外拠点でも現地の会計事務所、税理士事務所等から記帳代行サービスをうけながら、mcframe GA上で会計情報の管理ができるサービスです。mcframe GA同様に本社と現地で会計情報の共有も可能です。

導入後の海外現地法人へのサポート体制はどのようになっていますか?
東洋ビジネスエンジニアリングが展開しているアジアの4つの自社拠点を中心に、世界各地のmcframe GAパートナーネットワークによりグローバルシステムサポート網を構築しているため、世界中のmcframe GA製品に精通したコンサルタント、エンジニアがお客様のシステム運用をサポートします。

会計システムの具体的内容を教えて下さい
会計システムの機能としては、債権管理、会計管理、債務管理、データ連携となります。

単体と連結の会計ソフト導入を検討していますが、mcframe GAは対応可能でしょうか?
連結決算機能ははmcframe GA連携製品と合わせて対応可能です。
mcframe GAは個社の決算に対応しております。

mcframe GAが対応できる国はどこですか?
対応国に制限はございません。現在のところ22の国と地域に導入実績があり、導入エリアを拡大中です。

mcframe GAの実績を教えて下さい
アジア各国を中心に、22の国と地域に導入しています。