ニュース

B-EN-GとIIJグローバル、海外現地法人向けクラウド型のグローバル会計アウトソーシングサービスを提供

公開日:2014年04月09日
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
株式会社IIJグローバルソリューションズ

 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:石田壽典、以下B-EN-G)と株式会社IIJグローバルソリューションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 岩澤利典、以下IIJグローバル)は、海外現地法人向けに記帳代行業務と会計システムを組み合わせたクラウド型グローバル会計アウトソーシングサービス「GLASIAOUS(グラシアス)」の提供を2014年5月1日より開始いたします。

 「GLASIAOUS」は、B-EN-GとIIJグローバルが2013年12月より提供している海外法人向けクラウド型ERP/会計サービス「A.S.I.A. GP SaaS on IIJ GIO」に、経理処理や記帳など会計業務代行を組み合わせた会計アウトソーシングサービスです。B-EN-Gが提供する会計アプリケーション「A.S.I.A. GP」を、IIJグローバルがクラウド基盤「IIJ GIO」上でSaaSとして運営・管理し、現地における会計/税務業務は、税理士法人 名南経営(本店:愛知県名古屋市、理事長:吉田勤)、税理士法人 東京クロスボーダーズ(本社:東京都新宿区、統括代表社員:長峰伸之)の2社がパートナーとして業務を代行します。

 海外において十分な人的リソースを確保できない場合でも、経験豊富な会計のプロフェッショナルが迅速かつ正確に処理を行い、海外現地法人の経理業務を全面的にサポートします。これにより、現地法人での会計・財務情報や数値の可視化が可能となり、本社側でタイムリーに経営状況を把握できます。

クラウド型グローバル会計アウトソーシングサービス「GLASIAOUS(グラシアス)」(イメージ図) クラウド型グローバル会計アウトソーシングサービス「GLASIAOUS(グラシアス)」(イメージ図)

【「GLASIAOUS(グラシアス)」概要】

 クラウド上に構築された会計情報基盤を軸に、世界各国の会計事務所がお客様の海外現地法人の会計業務を代行する会計/税務業務のアウトソーシングサービスです。

導入メリット:

・現地法人による経理リソースや記帳業務負荷の削減
・現地法人の会計データを、本社/本部がWeb画面でタイムリーに参照可能
・本社から各種データを出力でき、連結決算の迅速化と省力化が可能
・会計システムの構築費および運用費の削減
・データエクスポート機能による本社システムとのデータ連携が可能

以下はオプションとして提供

・セグメント別会計情報の登録および出力
・現地法人向け決算指導、税務事務など、法人運営に関するさまざまなサービス提供

主な特徴と機能

1)現地に精通した会計のプロフェッショナルが、記帳代行業務だけでなく税務申告業務まで提供
 サービスは現地事情に精通した会計事務所が担当。記帳代行、決算業務だけでなく税務申告業務もサービスとしてラインアップ。 記帳代行を行う会計事務所がそのまま税務申告業務を実施することで、会計から税務の業務すべてのサービスをワンストップで受けることが可能となる。
2)クラウド型の多言語レポーティング機能
 記帳代行で処理されたデータをさまざまな言語で自由に閲覧できるクラウド型の多言語レポーティング機能を提供する。 レポーティング機能はクラウド上に構築されたサイトにアクセスしログインするだけで利用でき、財務諸表や総勘定元帳などの経理帳票が多数用意されているだけでなく、部門別、期間推移、前年対比といった管理会計用のレポートも提供される。レポート機能の利用は標準で2ユーザー分のIDが提供され、必要に応じて追加することも可能。
3)お客様のニーズや将来の成長に応じた豊富なオプションサービス
 給与計算代行、現地支払の代行業務、現地から本社間の会計基準組み替え、セグメント別の会計情報管理、現地法人に対する会計監査や経営コンサルティングなどお客様のニーズに応じてさまざまなオプションサービスを提供。
4)セキュアな環境でいつでもデータ活用が可能
 本サービスで処理されたデータは、クラウド上のグローバル会計基盤にセキュアに保存され、現地法人または本社のユーザーがいつでもそのデータを引き出して活用することが可能。
5)グループ内で会計アウトソーシングとERPのSaaS利用を混在させる事も可能
 21カ国300法人に利用されている海外現地法人向け「A.S.I.A. GP」のSaaSサービス「A.S.I.A. GP SaaS on IIJ GIO」をグローバル会計情報基盤として使用しているため、グループ内のある法人はSaaS型ERPとして利用し、別の法人は「GLASIAOUS」を使用した場合でも、すべてのデータがクラウド上で一つに統合されるため、効率的なグループ経営管理が可能。

【料金と提供予定エリア】

1)利用料金
月額150,000円〜 (税抜)
2)提供予定エリア
2014年5月:中国/タイ
2014年内:シンガポール/インドネシア/ベトナム/インド/ブラジル/メキシコ

【販売体制と販売目標】

 「GLASIAOUS」はB-EN-G、IIJグローバル、名南経営、東京クロスボーダーズ、およびそのパートナー企業が販売し、今後は共同で営業とマーケティング活動を行います。 本サービスは、4社での協業体制で、1年で30社、3年で300社の利用を見込んでいます。

【会計/税務業務パートナー法人のご紹介】

税理士法人 名南経営(名南コンサルティングネットワーク)について
 東海地区トップクラスの経営コンサルタント集団として、グループ全体で約5,800社のお客様をサポート。税理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士、不動産鑑定士、中小企業診断士などさまざまな資格を活かし、経営コンサルティングだけでなく労務管理、税務会計、各種登記・許認可申請、資産運用助言、ISO認証取得支援、マネジメントシステム構築支援など中小・中堅企業の経営をトータルにサポートしています。 簡単に言えば企業経営に関するほぼ全ての領域でのコンサルティングが可能なコンサルティングファームです。
 名南コンサルティングネットワークについての情報は、http://www.meinan.net/をご覧ください。

税理士法人 東京クロスボーダーズについて
 東税理士法人東京クロスボーダーズは、世界7大会計事務所RSM International (本部英国・ロンドン、以下RSMi)のメンバー・ファームとして、グローバルに事業を展開する企業の皆様に、会計アウトソーシングサービス、税務申告サービス、国際税務コンサルティングサービス等の会計及び税務サービス、及び海外拠点新設等の海外進出支援に関するさまざまなサービスを提供しております。 また、RSMiは全世界100以上の国に、700以上の加盟事務所、33,000人以上の専門家を有する世界第7位の国際会計事務所ネットワークです。大手会計事務所・ビッグ4に比べ、中堅・中小企業クライアントへのサービス提供割合が高く、中堅・中小企業の抱えるさまざまな課題の解決に積極的に取り組んでおります。
 税理士法人 東京クロスボーダーズの詳細は、http://www.rsmjapan.com/をご覧ください。

以上

A.S.I.A. GP について

 「A.S.I.A.(エイジア)」は、日本企業の商習慣に立脚しながら、グローバルでの経営管理をサポートする日本発のグローバルERPパッケージです。世界各地で稼動する為に必要となる多言語、多通貨、多拠点機能を持ち、会計から販売、購買、在庫といった幅広い業務に対応する多彩な機能モジュールを備えています。カンパニー別やビジネスユニット別などでの業績管理にも対応し、日本本社から海外拠点の状況をリアルタイムに把握できるため、グローバルグループ経営のための強力なインフラとして活用する事が可能です。A.S.I.A.は、1996年のVer.1.0販売開始から、日本をはじめとするアジア各国のさまざまなお客様に導入され、世界21の国と地域に300社以上にご採用いただいています。
 製品の詳細な仕様については、http://www.to-be.asia/gp/ をご覧ください。

■IIJ GIOサービスについて

 IIJ GIO(ジオ)サービスは、IIJグループで2000年より展開してきたリソースオンデマンドサービス「IBPS(Integration & Business Platform Service)」で培った運用技術を活かし、HaaS/IaaSからSaaSまですべてのサービスレイヤをカバーした高品質なクラウドサービスです。システムを構成するITリソースをコンポーネントとして用意し、1,000通り以上の組み合わせでお客様に最適なシステムを安価に構築できます。高いセキュ リティと柔軟なネットワーク構成により、企業内のプライベートクラウド環境からパブリッククラウド環境まで、幅広いシステム基盤を提供します。

IIJグローバルについて

 株式会社IIJグローバルソリューションズ(IIJグローバル)は、AT&Tジャパンの国内ネットワークサービス事業を承継し、2010年9月に設立されました。国内ネットワーク・アウトソーシング・サービス関連事業やクラウドを利用した各種マネージドサービスに加え、IIJグループにおける国際事業の担い手として、国際ネットワーク関連サービスを提供しています。
 IIJグローバルについての情報は、http://www.iijglobal.co.jp をご覧ください。

※本ニュースリリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

  • お問い合わせ先
  • 当報道に関してのお問い合わせ窓口
    東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
    業務管理本部 広報 猪野 肇
    TEL: 03-3510-1615

    お問い合わせ

    IIJグループ
    広報部 荒井、増田
    電話:03-5205-6310
    E-mail:press@iij.ad.jp
    URL:http://www.iij.ad.jp

  • 当サービスに関してのお問い合わせ窓口
    東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
    プロダクト事業本部 営業本部
    TEL: 03-3510-1596

    お問い合わせ

プリント
過去のニュース
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
pagetop