ニュース

AvanStrate、グローバル共通基幹システム構築のため、「A.S.I.A. G-BTO program」の採用を決定
~3拠点標準の会計システムの利用により、グループ全社の業務プロセスを統一へ~

公開日:2013年02月13日
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:石田壽典、以下B-EN-G)は、ガラス基板のパイオニアであるAvanStrate株式会社(アヴァンストレート、本社:三重県四日市市、代表取締役社長: 植木俊博、以下AvanStrate)が、B-EN-Gの国産グローバルERP(統合基幹業務システム)のクラウドサービスである「A.S.I.A. G-BTO program」の採用を決定し、2013年夏の本番稼働を目指し、国内外の拠点に順次、導入する計画であることを発表しました。

 AvanStrate様は、液晶ディスプレイ・パネル用ガラス基板という成長性の高い業界の中で、「技術力」と「品質」を武器として成長を続けています。競争の激しい同業界においては、世界有数のメーカーの多くが韓国、台湾、日本、中国を始めとする地域に集中的に立地し、AvanStrate様でも日本、韓国、台湾、シンガポールの4ヵ所に生産・販売拠点を置いています。このようにグローバルな製品デリバリー体制においては、それぞれの国における顧客ニーズへの迅速かつ柔軟な対応が販売力向上に不可欠であり、そのためには本社部門と各拠点との密接な連携が極めて重要です。AvanStrate様は、このような厳しい事業環境下においても確実に成長を続ける企業であることを目標として、「A.S.I.A. G-BTO program」のご採用を決定いただき、事業構造の変革加速、経営基盤の強化、経営情報の可視化推進などを目指されています。

【A.S.I.A. G-BTO program選定のポイント】
(1) 国産パッケージとして圧倒的なアジア/海外での導入実績
(2) 標準機能活用による各拠点短期導入の実現可能
(3) クラウドサービスによりフレキシブルなシステム運用を実現可能
(4) 長期的なITパートナーであること

 AvanStrate様には、2012年10月に本製品採用をご決定いただき、翌月から導入プロジェクトが開始いたしました。国内での本番稼動は、2013年夏頃を予定し、以後、順次海外拠点への導入を進めていく予定です。

AvanStrate について

 液晶テレビやパソコンなどのディスプレイで使用されている厚さ0.5ミリ以下のガラス基板「液晶ディスプレイ用ガラス基板」を製造しているガラスメーカーは世界で4社しかなく、そのうちの1社がAvanStrate様です。液晶テレビやパソコンなどに加え、デジタル・サイネージ、高精細のタブレット型パソコンやスマートフォンといった最終製品の成長が引き続き見込まれる業界の中で、確実な「技術力」をベースに成長を続けられています。

A.S.I.A. について

 「A.S.I.A.(エイジア)」は、日本企業の商習慣に立脚しながら、グローバルでの経営管理をサポートする日本発のグローバルERPパッケージです。世界各地で稼動する為に必要となる多言語、多通貨、多拠点機能を持ち、会計から販売、購買、在庫といった幅広い業務に対応する多彩な機能モジュールを備えています。カンパニー別やビジネスユニット別などでの業績管理にも対応し、日本本社から海外拠点の状況をリアルタイムに把握できるため、グローバルグループ経営のための強力なインフラとして活用する事が可能です。A.S.I.A.は、1996年のVer.1.0販売開始から、日本をはじめとするアジア各国のさまざまなお客様に導入され、世界20の国と地域に270法人、2800ユーザーにご利用頂いています。

☆ こちらのサービスの関連サイト → A.S.I.A.

※記載されている会社名、システム名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

  • お問い合わせ先
  • 当報道に関してのお問い合わせ窓口
    東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
    業務管理本部 広報 猪野 肇
    TEL: 03-3510-1615

    お問い合わせ

  • 当サービスに関してのお問い合わせ窓口
    東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
    プロダクト事業本部 営業本部
    TEL: 03-3510-1596

    お問い合わせ

プリント
過去のニュース
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
pagetop