ニュース

東洋ビジネスエンジニアリング、シミズシンテックと海外法人向けのERPソリューション「A.S.I.A.」(エイジア)の拡販で協業

公開日:2012年03月07日
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:石田壽典、以下B-EN-G)と株式会社シミズシンテック(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:坂井 俊夫、以下シミズシンテック)は、B-EN-Gが提供するグローバルERP「A.S.I.A.」(エイジア、以下A.S.I.A.)に関する「ビジネスパートナー契約」を締結し、同製品の拡販で協業していくことを発表いたします。

 昨今、日系企業のグローバル化が進んでおり、経営における海外拠点の重要度が益々増加する傾向にあります。また、このような企業を支える為の経営基盤においてのIT活用が必要不可欠となっています。このような状況の下、国内企業あるいは海外現地法人のお客様のシステム化要件に応えるサービスを充実させ、より多くのお客様のグローバル事業展開を支援していくために、B-EN-GはシミズシンテックとA.S.I.A.販売に関する「ビジネスパートナー契約」を締結いたしました。この協業により、シミズシンテックおよびB-EN-G両社のノウハウやリソースを活用した、高品質のサービスフレームを構築することが可能となります。

 シミズシンテックは、65年以上にわたり、お客様のニーズにきめ細かく対応した情報システムソリューションの提供を行ってまいりました。その実績とノウハウを活用して、A.S.I.A.の導入からシステム構築、運用保守サポートまでのシステムライフサイクルにわたるトータルサービスを提供いたします。また、NEC特約店としてサーバ機器をはじめとする情報システムプラットフォームのご提案を含め、トータルシステムインテグレーターとしてサービスを提供することが可能です。

以上

サービス概要

・A.S.I.A.の機能を最大限に活用し、業務の効率化と導入コストの最適バランスを実現する導入コンサルティングを行います。
・システム構築、システム移行、本稼働開始後のシステム運用サポートならびに保守サービスなど、ご要望に合わせた統合的なソリューションを提供いたします。
・システムのプラットフォームから保守サービスのご提供まで、お客様のご要望に合わせた統合的なシステム構築を実現します。

販売目標

今後5年間で、10社への導入を目指します。

A.S.I.A. について

 「A.S.I.A.(エイジア)」は、日本企業の商習慣に立脚しながら、グローバルでの経営管理をサポートする日本発のグローバルERPパッケージです。世界各地で稼動する為に必要となる多言語、多通貨、多拠点機能を持ち、会計から販売、購買、在庫といった幅広い業務に対応する多彩な機能モジュールを備えています。カンパニー別やビジネスユニット別などでの業績管理にも対応し、日本本社から海外拠点の状況をリアルタイムに把握できるため、グローバルグループ経営のための強力なインフラとして活用する事が可能です。A.S.I.A.は、1996年のVer.1.0販売開始から、日本をはじめとするアジア各国のさまざまなお客様に導入され、世界16の国と地域に250法人、2600ユーザーにご利用頂いています。

■株式会社シミズシンテックについて

 シミズシンテックは、「信頼と誠実、創造をベースに、エレクトロニクスのサービスを通じ社会に貢献する」を経営理念に、1946年以来半世紀余りにわたりNEC特約店として同社製品やシステムを提供するほか、お客様のニーズに的確に対応するため、マルチベンダーとして、電子デバイス、情報通信機器、ソフトウェアの設計・開発および通信情報システム・制御システムの設計・施工・メンテナンスのご提供まで、ソリューション・プロバイダーとしての実績を積み重ねているセールスエンジニアリング商社です。
 シミズシンテックの詳細はhttp://www.shimizusyntec.co.jp/ をご覧ください。

*本ニュースリリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

  • お問い合わせ先
  • 報道関係者様からのお問い合わせ先
    東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
    業務管理本部 広報
    TEL:03-3510-1615 / FAX:03-3510-1624

    お問い合わせ

  • お客様からのお問い合わせ先
    東洋ビジネスエンジニアリング(株)
    プロダクト事業本部 A.S.I.A.事業部
    電話:03-3510-1596 / FAX:03-3510-1627

    お問い合わせ

    株式会社シミズシンテック
    第一営業本部 応用ソフト開発室
    電話:076-266-8310/FAX:076-266-8311

    お問い合わせ

プリント
過去のニュース
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
pagetop