ニュース

「グローバル対応ERP「A.S.I.A. Hi-Line」専用の多次元分析ツール「A.S.I.A. Analysis Service」を提供開始
~「A.S.I.A. Hi-Line」に蓄積されたグローバルグループの情報を多角的に分析~

公開日:2011年02月01日
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:石田壽典、以下B-EN-G)は、2011年2月1日にグローバルグループ向けERP「A.S.I.A. Hi-Line」に蓄積されたデータを基に多角的な分析を行う「A.S.I.A. Analysis Service」の提供を開始することを発表いたします。

 今回提供を開始する「A.S.I.A. Analysis Service」は、グローバルグループを統合管理するためのグローバルグループ向けERP「A.S.I.A. Hi-Line」に蓄積されたさまざまな国と地域のグループ会社の経営情報を高速に集計・可視化するためのツールです。
 「A.S.I.A. Analysis Service」を利用することで、「A.S.I.A. Hi-Line」で管理する全ての法人の会計や販売などの業務情報を集約、分析用の多次元データベースを構築し、使い慣れたMicrosoft Excel上で約40項目の分析軸を組み合わせた多彩かつ柔軟な分析レポートの作成が可能となります。

 「A.S.I.A. Analysis Service」は「A.S.I.A. Hi-Line」を利用するユーザーに対し、法人数やユーザー数を問わず150万円で提供し、今後5年間で100ライセンスの販売を見込んでいます。

【A.S.I.A. Analysis Serviceの特徴】
①さまざまな国と地域に点在する拠点の経営情報を集計し可視化

 「A.S.I.A.Hi-Line」で集中管理されている全ての法人データを集約し、多次元データベースに格納することで高速で集計処理やレポート作成処理を行うことが可能です。
また、多次元データベースは10種類まで作成する事ができるため、ニーズに応じたさまざまな分析データの管理が可能となっています。

②約40項目の多彩な分析軸を用意
 時間軸、会社、科目、部門、取引先など16の基本項目の他、独自の分析項目を10項目使用可能です。また、科目、部門、取引先などは集計単位などの階層管理に対応しており、集計項目から個別項目にデータを展開する「ドリルダウン」に対応しています。
 分析の対象となる数値は、「入力通貨額」「基準通貨額」「第三通貨額」の3つの通貨額の他、「数量」や「単価」などさまざまな数値を自由に設定できる「汎用集計数値」を10項目用意している為、顧客ニーズに応じたさまざまな分析用データを作成する事が可能です。

③使い慣れた「Microsoft Excel」を利用して多次元分析レポートを作成
 使い慣れた「Microsoft Excel」を利用して多次元データベースからのレポート作成が可能です。 「Microsoft Excel」上に展開されたレポート上で「スライス&ダイス」「ドリルダウン」を行う事ができますので、従来の静的な固定レポートとは異なる柔軟性の高い動的レポーティングが可能となっています。

④多次元分析のためのエンジンとして「SQL Server Analysis Services」を採用
 「A.S.I.A. Analysis Service」は多次元データベースを作成するOLAPエンジンとして「SQL Server Analysis Services」を採用。
 「A.S.I.A. Hi-Line」の標準RDBMSである「SQL Server」と統合された分析エンジンを採用する事で、業務データベースと分析データベースのシームレスな統合を低コストで実現しています。

【A.S.I.A. Analysis Serviceの販売価格】
 1グループ ¥1,500,000(法人数、ユーザー数問わず)
 ※上記価格には「SQL Server」のライセンスは含まれません。

【5年間での販売目標】
100ライセンス

【日本マイクロソフト株式会社様からのエンドースメント】
 『この度は、東洋ビジネスエンジニアリング様のA.S.I.A Analysis Serviceの提供開始を心より歓迎いたします。
グローバル化が急速に進む中、ERPに蓄積された情報を経営の意思決定に役立てるために、迅速かつ高度なデータ集計と多角的な分析が不可欠です。
SQL Serverの標準機能である Analysis ServicesをOLAPエンジンとしたA.S.I.A Analysis Serviceは、従来のビジネスインテリジェンス導入の高コストと複雑さを取り除き、かつ使い慣れたMicrosoft Excelを利用することで柔軟性の高いレポート作成が可能です。
 今後もマイクロソフトでは、グローバル展開されているユーザーニーズを的確に掴んだソリューションを提供する東洋ビジネスエンジニアリング様と連携し、お客様のビジネス発展をご支援して参ります。』

日本マイクロソフト株式会社
執行役 パートナービジネス営業統括本部長 高橋 慎介

A.S.I.A. について

 A.S.I.A.(エイジア)とは、グローバルに事業展開している日本企業のための戦略ツールとして企画・開発されたグローバルERPパッケージです。世界各地での利用を実現する多言語利用/多通貨処理/多基準管理に対応しています。 またA.S.I.A.は、1996年のVer.1.0販売開始から、日本をはじめとするアジア各国のさまざまなお客様に導入され、世界16の国と地域に250法人、2600ユーザーにご利用頂いています。

※本文中の商品名または会社名は、各社の商標または登録商標です。

  • お問い合わせ先
  • 当報道に関してのお問い合わせ窓口
    東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
    業務管理本部 広報
    電話:03-3510-1615 / FAX:03-3510-1624

    お問い合わせ

  • 当サービスに関してのお問い合わせ窓口
    東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
    プロダクト事業本部  A.S.I.A.事業部
    電話::03-3510-1596 / FAX:03-3510-1627

    お問い合わせ

プリント
過去のニュース
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
pagetop