株式会社シミズシンテック

国内拠点とシンガポール拠点の販売管理をA.S.I.A.で刷新
シンガポール拠点の決算迅速化や国内拠点の多通貨対応を実現

国内拠点では、電子デバイス、OA・FAソリューション、情報・通信ネットワーク関連事業を展開し、シンガポール拠点では、電子デバイス関連を中心とした輸出、輸入、アウト/アウトビジネスの日本拠点海外商流のハブ機能を担っているシミズシンテック。国内外ともに7年以上が経過した販売管理システムの刷新にA.S.I.A. GPを導入。シンガポール拠点における業務進捗の透過性向上と決算のリードタイム短縮をはじめ、国内拠点における多通貨・多言語対応やシステム運用管理コストの削減など、さまざまな効果を挙げている。今後は導入およびアドオン開発のノウハウを生かし、A.S.I.A. GPの再販を目指している。

導入製品 a.s.i.a.

  • 導入前の課題

    • 7年以上経過したプラットフォームの刷新
    • BCP対応を考慮した業務システムの実現
    • シンガポール拠点の決算業務の迅速化
    • 国内拠点の販売管理システムの多通貨・多言語対応
  • 導入の効果

    • 業務の進捗を国内拠点から容易に把握
    • 決算業務のリードタイムを従来比3分の1に短縮
    • 会計の外注コストを従来比9分の1に低減
    • ハードウェア保守費用を従来比7分の1に低減
    • システム運用管理のコストを従来比25%低減
    • システム導入とアドオン開発経験によるA.S.I.A. GPに関するスキルを向上
  • 導入のポイント

    • 多通貨、多言語対応であること
    • 販売管理と会計機能を有すること
    • 導入およびアドオン開発の柔軟なサポートを有すること
    • 高いコスト効果が期待できること
  • 導入支援

    • 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

01 導入のきっかけ

国内、シンガポールの拠点における
販売管理システムの刷新が共通の課題

金沢市の本社を中心に国内6拠点とシンガポールの現地法人で、電子デバイス関連製品の販売やOA・FA関連ソリューションの提供、情報・通信ネットワーク関連システムの構築などを事業として展開するシミズシンテック。国内の拠点とシンガポールの拠点それぞれに販売管理システムを構築していたが、システムの導入から国内は7年以上、シンガポールは10年以上が経過していたことから販売管理システムの刷新が必要だった。

販売管理システムの刷新にあたり、NECの100%連結子会社であるシミズシンテックでは、親会社への速やかな決算報告が必要であり、シンガポールの決算処理の迅速化が必要だった。また海外仕入先の増加から、多通貨対応の販売管理システムが不可欠だった。さらに検討の開始が2011年3月の東日本大震災後であったことから、業務継続計画(BCP:Business Continuity Plan)への対応を考慮することも求められていた。

第一営業本部 応用ソフト開発室 室長の野呂拓哉氏は、「旧販売管理システムは、導入時にかなりのコストと期間をかけてカスタマイズを行っています。そのために基本機能のバージョンアップも行えない状態になっていました。
そこで販売管理システムの刷新では、パッケージソフトウェアをカスタマイズすることなく導入することで、システムの柔軟性を損なうことなく、かつ導入期間やコストの最小化を目指しました」と話す。

また旧販売管理システムでは、追加機能の開発や改変を外部の開発会社に委託してきたために、社内にシステム開発のノウハウを蓄積することができなかった。そこで販売管理システムの刷新では、システムの導入や追加機能の開発などのすべてを社内の人員が行うことでノウハウを蓄積し、パッケージソフトウェアとして再販できる体制を確立することも販売管理システム刷新の目的のひとつだった。

企業紹介

株式会社シミズシンテック

商号株式会社シミズシンテック
SHIMIZUSYNTEC Co.,Ltd.
設立1940年9月25日
資本金9,000万円
従業員数104名
(2014年3月31日現在)
URLhttp://www.shimizusyntec.co.jp/

事業内容
電子デバイス販売、システムモジュールビジネス、FAソフト開発とシステムの提供、システムインテグレーションサービス、情報通信ネットワーク等ビジネスシステム構築を事業として展開。

会社概要
北陸地域を中心に、「信頼と誠実、創造をベースに、エレクトロニクスのサービスを通じ社会に貢献する」という経営理念に基づき、各種電子部品やASIC・モジュール製品の販売から、OA・FA ソリューションの提供、通信・制御システムの設計・施工・メンテナンスまで、ITシステムのライフサイクル全体をサポートするシミズシンテック。セールスエンジニアリング商社として、高度化、複雑化する顧客のニーズに的確に対応できるソリューションビジネスの推進に取り組んでいる。

本社

本社

pagetop