北川工業株式会社

A.S.I.A.で各拠点の数字を効率的に収集
売上を明細レベルで把握して経営をスピード化

オンボードコンタクト

オンボードコンタクト

スペーサー

スペーサー

熱伝導シート

熱伝導シート

北川工業株式会社の製品

国内6拠点、海外11拠点で事業を展開している北川工業。これまで海外拠点で利用していた販売管理から会計までの仕組みは、各拠点が個別に構築・運用してきたシステムである。そのためグループ全体として、どこで、何が、いくらで売れているのかを把握することが困難であった。

そこで北川工業では、海外拠点の情報基盤としてグローバルERP「A.S.I.A.」を導入。海外拠点の経営情報を、明細レベルで把握できる仕組みを構築し、迅速かつ柔軟な意思決定のための環境を実現した。

導入製品 a.s.i.a.

  • 導入前の課題

    • 各拠点で独自に販売・会計システムを導入
    • どこで、何が、いくら売れているかを
      把握できない
    • 実績集計の時間と質に問題があった
  • 導入の効果

    • 全海外営業拠点各種実績の完全把握
    • 全海外営業拠点の業務の標準化推進による効率化
    • 実績の収集及び分析出来る環境構築
  • 導入のポイント

    • 海外拠点目線のサポート体制の構築
      (多言語対応、及び時差の最小化)
  • 導入支援

    • 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

01 導入のきっかけ

海外拠点が独自のシステムを構築したため、
何がどこでどれだけ売れているかを把握できない

北川工業の特長として、海外拠点が多く、日本を含めて13拠点で営業展開を行っていることが挙げられる。既に自社としてはお客様と共に2000年代前半に海外進出していたが、その後2008年に発生したリーマンショック後の円高の影響により、生産拠点を国内から国外にシフトする顧客企業が増加し、北川工業もそれに伴ってアジアを中心とした海外事業の拡大をしなければならなかった。この海外展開について、代表取締役社長の北川清登氏は、次のように語る。

「各海外拠点のお客様からのニーズはさまざまでかつ個別対応が求められました。そのため本社からコントロールするよりも、現地の売上ボリュームにあわせた管理を現地に任せた方が効率的だと判断しました。その結果、ある拠点は独自にシステムを開発し、ある拠点は会計パッケージを導入してExcelで販売管理をするなど、拠点ごとに販売・会計システムがばらばらの状況でした」

当時、上海の拠点の責任者であった営業推進室 室長の天本哲雄氏は、「たとえば上海は保税区企業で、輸入した商品を国内に販売する場合は保税取引が主で税番管理が最重要でした。又税取引にも対応する必要がありました。更に国内調達した商品を国内販売する場合は課税取引が主でしたが、輸出の際は税金還付があり、日本とは違う複雑なオペレーションが必要でした。現地でパッケージを探したのですが、自社のオペレーションに見合うERPがなく、独自開発を選びました」と話す。

一方、北川工業は、上場企業であることから、決算時には各拠点からデータを集めて連結決算書を作成しなければならなかった。
しかし各拠点のシステムがばらならで、データ形式もさまざまなため、対外発表用の数字としてまとめるのがやっとという状態だった。
北川氏は、「3カ月ごとの数字は集まるのですが、その明細が不明確で、どこに、何が、いくらで売れているのかを把握できませんでした」と語る。

「各拠点の売上は月次で分かります。しかし連結決算では、各拠点の売買を相殺する必要があり、決算をしてみないと全体像が分かりません。当初は日本からの輸出がほとんどだったので、日本でも海外の売上を把握できたし、海外の売上を累積すれば、容易に連結の数字を予想できました。現在では、海外拠点と海外拠点の売買が増えてきたこともあり、単純な累計では連結の数字を予測することができなくなっています」(北川氏)。

天本氏は、「こうした状況を解決するためには、海外拠点の実績を集約するための仕組みを導入することが必要だと思っていました。」と話している。

企業紹介

北川工業株式会社

商号北川工業株式会社
KITAGAWA INDUSTRIES CO.,LTD.
設立1963年6月12日
資本金27億7,000万円
従業員数連結:516名
(2014年2月末現在)
URLhttp://www.kitagawa-ind.com/

事業内容
エレクトロニクス機器の誤作動防止などを目的とする電磁波環境コンポーネントや各種機器機構部品や生産性に貢献する精密エンジニアリングコンポーネントの製造・販売を事業として展開。

会社概要
1963年の創業以来、「共生と共創」という経営理念に基づいて、顧客の問題をともに解決することができるオンリーワン企業を目指す北川工業。独自技術に磨きをかけ、価値あるオリジナリティーの高い新製品やサービスを創出している。事業としては、国内外の生産拠点、販売拠点の地域における強みを生かし、コンピュータやOA機器、AV機器、家電製品、自動車、航空機、建築物など、幅広い分野で使用される電磁波環境コンポーネントや精密エンジニアリングコンポーネントを製造・販売している。

北川清登氏

代表取締役社長
北川清登氏

pagetop